ぱちんこ バーチャルレポート

ぱちんこ バーチャルレポート
理論値・計算値
ハマり確率

身近な例で、コインを投げて表が出る確率は1/2、2回続けて表が出る確率は1/4、3回だと 1/8 になります。例えば3回の場合、その確率は(1/2)3と表記し「1/2 の3乗」と読みます。

パチンコで「100回ハマる」というのは、100回転当たらないことを意味しますので、コインの例と同じように、「当たらない確率」を回数分掛け合わせて計算します。

必殺仕事人の場合は大当り確率が 1/308.5 ですから、1回の抽せんで外れる確率は 307.5/308.5 となり、例えば 100回ハマる確率は、

(307.5/308.5)100 = 0.72276...
となります。

時短引き戻し確率

時短引き戻し確率とは、時短中に大当りを引く確率です。時短100回の場合、100回以内の回転で大当りになれば、時短引きもどしとなります。
これを求めるには、まず100回転スルーする確率(100回転のハマリ確率)を計算し、それを1から引けば求められます。

必殺仕事人の時短引き戻し率は、

1 - (307.5/308.5)100 = 0.277238...
となります。

大当たり確率とハマり確率の関係

大当り確率とハマり確率の対応は以下のようになります。

回転数\大当り確率1/99.251/308.51/315.51/346.8
50回60.3%85.0%85.3%86.6%
100回36.3%72.3%72.8%74.9%
200回13.2%52.2%53.0%56.1%
300回4.79%37.8%38.6%42.1%
400回1.74%27.3%28.1%31.5%
500回0.632%19.7%20.4%23.6%
600回0.230%14.3%14.9%17.7%
700回0.0835%10.3%10.8%13.2%
800回0.0303%7.45%7.89%9.92%
900回0.0110%5.38%5.74%7.44%
1,000回0.00400%3.89%4.18%5.57%
1,500回0.0000253%0.767%0.855%1.31%
2,000回0.000000160%0.151%0.175%0.310%